トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

女性ホルモンは美肌ホルモン

 月経前に吹き出物が…なんて経験はありませんか。

 月経や排卵に大きく関係している女性ホルモンには、皮脂腺の働きをコントロールしたり、 皮膚の新陳代謝を活発にして皮膚を構成するコラーゲンをつくる働きもあります。 ですから、女性ホルモンの分泌の減る月経前後や月経不順の人などは、肌のトラブルが起きやすくなるというわけです。

  一般的に、卵胞ホルモン(女性ホルモン)の豊富な排卵の頃は、肌や髪のケア、またダイエットなどに効果的ですが、黄体ホルモンの分泌が多くなる月経前には肌荒れしやすく、頭痛、便秘などでイライラしがち。ニキビなども出やすいこの時期は、特に肌を清潔に保つことが大切です。 美しく瑞々しい肌を保つためには、肌の表面上の手入れだけでなく、月経サイクルにも気をつけるといいですね。

協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/