トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

「おりもの」チェックで健康チェック!

女性が体調を自覚する判断材料の一つに「おりもの」の変化があります。

「おりもの」の分泌はホルモンの影響を受けているため、月経周期によって量や粘りなどが変化し、特に排卵期にその量が増えます。

このような周期的な変化は問題ないのですが、いつもより急に量が増えたり、色やにおいに変化あれば、何らかの病気のサインを示している可能性があります。

これからの季節、下着や生理用品によるかぶれや過労などによる体力・免疫力の低下によって、外陰炎や膣炎が起こりやすく、また、それらによって性感染症の危険性も高くなります。

これらの異常は、まず「おりもの」として自覚することが多く、早期であれば比較的簡単に治りますが、こじれると不妊症の原因の一つにもなりますから、気になる症状があれば早めに婦人科を受診しましょう。
                             

協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/