トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

広告入稿データのお願い

1.広告データの基本的な注意事項

■使用可能アプリケーションソフト

  • Adobe Photoshop… 各バージョン使用可能
  • Adobe Illustrator…基本的には バージョン8.0.1 (アウトラインデータならば、CS2まで対応)

■ファイルの管理

  • 全データを1フォルダ(1階層)で保存してください。
  • 画像は実データで入れてください。

■入稿時に必要なもの

  • MOまたはCDーR
  • カンプ紙1枚… 最終データをカラープリンタで出力してください。出力紙には大きさ(ミリ)、広告主名、データ内容(作成したアプリケーションソフト)を必ず記入してください。

■入稿後の訂正

  • データ入稿後に修正などが発生した場合は、訂正したデータ(MOまたはCDーR)とカンプ紙1枚、データ内容確認書を添付し、再送していただきます。

2.Illustratorでの制作注意点

■使用アプリケーションソフトでの注意

  • 基本的には バージョン8.0.1ですが、アウトラインデータならば、CS2まで対応。
    ※透明化機能につきましては、ラスタライズしたものであること

■色指定

  • CMYKモードを使用してください。RGBモード、特色(スポットカラー)は使用できません。未使用カラーは全て削除してください。

■オーバープリントについての注意

  • BK100%のオブジェクトには版ズレを防ぐため、出力時に自動的にオーバープリントがかかるようになっています。BK100%のオブジェクトをオーバープリントにしたくない場合、リッチブラックまたはBK99%にするなどの対応をお願いします。カラー部分にはオーバープリントを設定しないでください。色が混濁しトラブルにつながりますので十分注意してください。

■原稿サイズ

  • 囲み罫の外側が広告サイズになるように作成してください
    ※ Illustratorの罫は中心点でサイズを認識します。太い罫で巻かれた場合などはサイズに注意してください。

■広告罫を入れる場合は実線罫で囲んでください。

  • BK100%の罫…太さ0.15mm以上の罫線
  • カラーの罫…太さ0.3mm以上の罫線
    ※ 広告のほぼ全体に色が敷いてある場合、罫はなくても可とします。トンボ指定による裁ち切りなどの原稿は入稿できません。

■フォント

  • 全てアウトライン化してください。アウトライン化後にフォント情報が存在しないことを必ず確認してください。

■不要なオブジェクトの削除

  • 紙面に掲載するオブジェクト以外はすべて削除してください。トンボは不要です。
  • 孤立点の削除・孤立点の有無をチェックし、不要な孤立点を削除してください。

■保存について

  • EPS形式で保存してください
  • EPS形式保存ダイアログの指定配置した画像があるときは必ず「配置した画像を含む」にチェックを入れてください。
  • 「互換性」は制作したバージョンと同じものを指定してください。
  • 「プレビュー」は「8-bit(256色)Macintosh」を指定してください。

3.Photoshopでの画像データ制作注意点

■画像解像度

  • 掲載サイズの実寸での画像解像度…350dpi。
    ※ロゴに関しては基本的にはIllustratorでのトレース(ベクトルデータ)を推奨。 画像で使用する場合はモノクロ2値、解像度1200dpi〜2400dpiでスキャニングして使用してください。Photoshop上で実際の使用サイズにリサイズして、illustrator上にはできるだけ原寸サイズで配置してください。

■モードと保存形式

  • CMYKモードを使用してください。RGBモードは不可
  • 保存形式…EPS形式
  • エンコーディング…バイナリもしくはJPEG-最高画質(低圧縮率)にしてください。

■EPSオプション

  • ハーフトーンスクリーン情報を含める
  • トランスファ関数を含める
  • ポストスクリプトカラー管理
    上記3点にはチェックを入れないでください。
    ※UCRはインク総量300%以下に設定してください。300%以上では正常な印刷ができなくなり、 汚れ等が発生しますのでご注意ください。