トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『月経痛って病気なの?』

  月経が始まるのとほぼ同時に現れ、終わると消える不快な症状を月経困難症といい、代表的なものが月経痛といわれる下腹部痛や腰痛です。これは子宮内膜症や筋腫のように原因がはっきりしている器質性の場合と、ホルモンの乱れのような機能性の場合とに大きく分かれますが、特に出産経験の無い方の場合は子宮経管が細く月経血がスムーズに流れないことから、うっ血し痛みを感じるケースが多くみられます。ほとんどの女性が多かれ少なかれ自覚し、それなりの対処で凌いでおられますが、仕事を休む等の日常生活に支障をきたす場合は何らかの疾患が隠れている場合もありますから、婦人科にて原因を確認し適切な治療をお受けになられますことをおすすめ致します。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/