トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『過激なダイエットは生まれてくる赤ちゃんを肥満にする!?』

  いよいよ夏本番。「今年こそはスッキリボディで夏を楽しみたい!」と、ちょっと本気のダイエットをお考えの方。その方法は間違えていませんか?手っ取り早い方法として、誰しも食事の量を抑えることを考えがちです。しかし度が過ぎると、脳や卵巣までもが栄養失調となり、女性の大切な機能が低下、月経不順や無月経を引き起こしてしまいます。この状態があまり長く続くと、将来、不妊症の原因の一つとなります。また、マウスでの実験によると、妊娠中の母親が栄養不足であると、成長後の子どもが肥満になりやすい傾向が見られるとの研究データも報告されています。将来の為にも、バランスの良い食事と適度な運動で、健康的なダイエットを心がけてください。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/