トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『妊娠と卵巣年齢』

   卵巣年齢が若いと妊娠しやすく、40歳近くても妊娠の可能性が高まり、逆に高いと妊娠し難くたとえ20代でも、妊娠率は低下します。実際年齢より若く見える方や、老けて見える方がいるように、卵巣も同じく個人差があります。残念なことに、一度老化してしまった卵巣は若返ることはできません。というのは、女性は出生時に100万個以上の卵母細胞をもって生まれてきますが、徐々に閉鎖卵胞となり、思春期には30万個程になります。それ以降も、女性の生涯の間に卵子は決して新生されることはありません。お仕事の都合や家庭の事情により、今は妊娠できないが、数年後に妊娠を考えているというような女性は、特に自分の卵巣年齢を把握して、人生設計を立てることをおすすめします。卵巣年齢によっては生活習慣を改めたり、妊娠出産計画を早めた方が良い場合もあります。次のような方は、一度、卵巣年齢検査をおすすめします。

・過去に卵巣の手術を受けている

・母、姉に早発閉経(40歳未満で閉経)の人がいる

・チョコレート膿腫がある

・卵巣の予備機能が気になる など


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/