トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『最近 疲れやすく無気力、体重増加ひょっとして甲状腺機能低下?』

    若い女性に多い病気です。代謝をつかさどる甲状腺ホルモンの低下により、無気力、易疲労感、まぶたの腫れ、冷え、体重増加、記憶力低下、便秘などの症状が現れます。 気付かず妊娠すると、胎児の知能低下や流産率の上昇が報告されています。
 診断は血液検査で直ぐに分かり、治療も不足している甲状腺ホルモンを薬として服用することにより治ります。診断がつき、治療さえきちんと受ければ見違えるほど元気になり、仕事、運動、食事、妊娠なども健康な人と同じように何でも出来るようになります。
 気になる方は一度甲状腺ホルモンをチェックしてみては!


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/