トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『最近よく聞く卵巣年齢とは』

実際年齢より若く見える方や、老けて見える方がいるように、卵巣も同じく個人差があります。 卵巣年齢が若いと妊娠しやすく、40歳近くても妊娠の可能性が高まり、逆に高いと妊娠し難く、たとえ20代でも妊娠率が低下します。 また、不妊治療を行ったとしても、排卵誘発剤などの薬剤や注射に対する反応が不良のため、卵胞ができず成功率が低い、または治療を断念せざるを得ないという場合があります。 また、若くして閉経してしまう早発閉経や若年性更年期となる可能性も高くなります。将来、妊娠を考えられている方は、一度卵巣年齢をチェックしてみて、妊娠計画を立てることをおすすめします。 血液検査で簡単にわかるようになりました。一度、産婦人科でご相談してみては。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/