トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『妊娠のしくみ』

 6月といえばジューンブライド。結婚のシーズンですね。最近は晩婚傾向なので、すぐにでもお子様を希望という方も多くみられます。もし妊娠したい思っているのなら、妊娠のメカニズムや不妊症について知っている方が早く赤ちゃんに出会えますよ!
 妊娠はとても神秘的な仕組みです。人が妊娠するためには、大きく分けて以下の6つの過程を滞りなく進む必要があります。
  @正常な卵子が排卵される
  A正常な精子が膣内に射精される
  B排卵された卵子が卵管に取り込まれる
  C精子が子宮・卵管を登っていき、卵子に入り込む
  D受精卵が卵管内を移動し、子宮に着床する
  E妊娠を維持する黄体ホルモンが分泌される
 これら6つのプロセスのどれか一つでも障害を受けると妊娠しません。作ろうと考え、正常な夫婦生活を行えば、1年間で約80%の人が妊娠するといわれています。
 もし1年経っても妊娠しなければ、上記のどれかに異常があるかもしれないので、一度不妊外来を受診されることをお勧めします。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/