トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『今、必要とされる妊娠教育』

 女性の社会進出に伴い非婚化、晩婚化、晩産化が進んでいます。最近では仕事が優先で、落ち着いてから結婚、妊娠、出産というのが主流になっています。中学校、高等学校では避妊教育としての性教育は行われてきましたが、妊娠教育は不十分なため、40歳を過ぎても避妊を止めれば月経のある間は妊娠できると考えておられる方が多いようです。
 女性の卵巣は卵子の倉庫であり工場ではありません。その為、加齢と共に卵子の数は減り、質の低下も起こり、35歳を超えると急激に妊孕能(妊娠する能力)も低下します。 また、加齢と共に流産率も上昇します。一般的に流産率は10〜15%と言われていますが、35歳では30%、40歳以上では50%と考えられているのです。これらのことを知っている女性がどれほどいるでしょう。今後、この少子高齢化社会においては、性教育としての卵子についての教育、啓発が益々必要と思われます。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/