トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『ホルモン補充療法で楽しい更年期を!』

 女性ホルモン(エストロゲン)は女性の健康と深く関係しており、エストロゲンが不足すると更年期症状や様々な疾患が起こります。エストロゲンは卵巣から分泌され、卵巣の衰えによってエストロゲンの不足が起こると更年期症状(のぼせ、ほてり、発汗など)が出てきます。また、エストロゲンの不足が続くと、骨量が減り骨粗鬆症となったり、血液中のコレステロールが上昇し、動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高まります。
ホルモン補充療法(HRT)は、エストロゲンを補うことで更年期症状などを改善する、非常に合理的でかつ有効な治療です。軽い副作用として不規則な子宮出血、乳房の張り、痛み、吐き気、胃のむかつき、皮膚のかぶれ(貼り薬)などがありますが、多くは心配いらないものです。また、乳がんや子宮体がんを気にされる方もいらっしゃいますが、5年以内のHRTは乳がんのリスクを変化させないといわれています。子宮体がんに関してもエストロゲン剤と黄体ホルモン剤を一緒に使用していれば、発生率が高くなることはありません。これらの知識を持ち、怖がらずHRTを行い、更年期の期間を多く楽しく過ごして下さい。


協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/