トップページに戻る PDF版インデックス 御堂筋新聞について お問い合わせ

院長先生のミニコラム

『今年こそ始めてほしい子宮頸がん予防』

 子宮頸がんは女性特有のがんとしては、乳がんに次いで多く、特に20〜30代のがんでは第1位となっています。日本では、毎年約1万人もの女性が子宮頸がんになり、約3千5百人が子宮頸がんで亡くなっています。
 子宮頸がんは子宮の入り口部分(頸部)にできるがんです。遺伝とは関係なく、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。原因は高リスク型のヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し、治ることなく長い間感染が持続した場合に、その部分の細胞が数年から十数年かけてがん細胞へと変化していきます。初期には症状はほとんどなく、がんの進行につれ性交時の出血や帯下の異常がみられ、さらには悪臭を伴う膿血性の帯下、不正性器出血、下腹部痛や発熱などが認められるようになってきています。
 がんの進行が子宮頸部の上皮内にとどまっている状態、0期までに発見できれば子宮を温存する治療ができ、妊娠や出産も可能です。また、最近ではワクチンによる予防接種も世界各国で行われており、HPVの感染から身体を守ることで予防できます。
 今年こそ、ワクチンによる予防接種と定期的な検診で子宮頸がんを予防しましょう!

協力:西川婦人科内科クリニック(院長/西川吉伸 名誉院長/西川潔)
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル8階
TEL 06-6201-0317
http://www.nishikawa.or.jp/